矯正歯科メニュー

咬合誘導(矯正)

ムーシールド™


咬合誘導(矯正)

咬合誘導(矯正)できれいな歯並び

噛み合わせ治療の重要性
歯科では、噛み合わせの異常を「不正咬合」といい、不正があると噛む機能がうまく働かないだけでなく、体や顔のゆがみの原因になるため、矯正治療の対象としています。矯正治療を開始する時期は、その方の噛み合わせの状態によりますが、できるだけ早期にとりくんだほうが効率的に改善できる場合もあります。

乳歯の時期から開始
乳歯が隙間なく並んでいる状態で、『うちの子、歯並び綺麗やわあ!』と思っていませんか? 乳歯が抜けた後には乳歯よりかなり大きい永久歯が生えてくる事を忘れていませんか?

乳歯の時期から始められる治療もあるのです。永久歯が生えそろう小学生までの間に適切な治療を受けると、良い噛み合わせと歯並びを育てることができます。少しでも気になる不正があれば(1箇所だけ咬み合わせが反対であるとか・・・)できるだけ早い時期からそれを治すことで、その子の持っている成長力を阻害することがなくなり、将来予測できる不正を抑制します。このように早めに予防的治療や調整をして永久歯を正しい噛み合わせにすることが、「咬合誘導」です。

夜間のみ装着する拡大床
咬合誘導(矯正)

この装置を使って、顎を徐々に広げて、永久歯が生えるスペースを作ります。基本的に夜間のみ装着します。

咬合誘導(矯正) 咬合誘導(矯正)
【装着前】
永久歯が生えるスペースがありません
【装着後】
永久歯が生えるスペースができました

拡大床により、顎が拡大していくイメージです。(スタッフ自作の掲示板です^^)
(画像をクリックすると、拡大画像が別ウインドウで表示されます)

咬合誘導(矯正)

▲ページのトップに戻る

ムーシールド™

子供の受け口をマウスピースで治療する

幼児期〜社会人の歯並び、審美に関する一般矯正の治療および小児の受け口(反対咬合)の治療を行っております。

低年齢の受け口(成長期反対咬合)の治療では、マウスピース型の矯正装置『ムーシールド™』を使用します。就寝時のみの使用で治療効果を上げることが出来ます。

このムーシールド™を使用することにより、反対咬合は、永久歯が生えるまで待つことなく、3歳児からの治療が可能になりました。

ムーシールド 【 治療前 】
ムーシールド 【 治療過程 】
ムーシールド 【 治療後 】

▲ページのトップに戻る


銭谷歯科医院

診療日

午前
10:00〜13:00
午後
15:00〜19:00
銭谷歯科医院情報

診療科目

イラスト説明

お問い合わせフォーム

銭谷歯科医院
大阪府枚方市印田町39-20
電話: 072-849-3345
最寄駅: 京阪電気鉄道交野線 村野駅
→ 地図を見る